「情報モラルの育成」

〜情報社会の危険からの回避〜

さいたま市立大牧小学校
1 ねらい
 総合的な学習の時間や社会科・国語科での調べ学習などにおいて、インターネットを利用することが多くなってきており、日常生活においてもインターネットの利用や携帯電話でのメールのやりとりが身近になっている。それに伴い、児童がインターネットや携帯電話を介した犯罪やトラブルに巻き込まれたり、逆にトラブルを引き起こしたりするケースが多数報告されている。そうした危険から子どもたちを守るためにも情報モラルを身につけさせ、必要な情報を収集・活用・発信できる情報活用能力を育てていく。


2 指導計画
(1)著作権について
 インターネットを活用した調べ学習では、引用した資料などの情報元のアドレスやサイト名を明記る習慣を身につけさせ、著作権の大切さについて触れていくようにする。
(2)携帯電話について
 情報モラルDVD「ちょっと待ってケータイ」を視聴し、話しあいや考察を通して、情報社会の利便性の裏に潜む危険について学習し、犯罪やトラブルから自分の身を守るための方法を知る。

   

3 授業実践例
(1)携帯電話について話し合う。
  ・携帯電話の所有率 
  ・携帯電話が欲しいか、欲しくないか、その理由
  ・携帯電話のメリット、デメリット
  ・携帯電話に潜む危険を考察

(2)「ちょっと待ってケータイ」を視聴する。

(3)視聴した感想を発表する。

(4)携帯電話を使うのに必要なルールを出し合う。
  ・時間、頻度、目的、約束、など

(5)本時の振り返りを行う。
  

※本時の授業を授業参観で取り上げ、保護者にも具体的なトラブルの例を知ってもらい、親子で携帯電話の使い方、また本当に必要かどうかについて考えを深めることができた。


4 成果と課題
 インターネットや携帯電話の普及に伴い、児童の周りにもたくさんの情報が入ってくるようになったが、その便利さの裏に潜む危険について知らせることができた。そうした危険を回避するために、子ども自身が自分の身を守る方法を知っていることや、大人が現状の問題を正しく認識し、適切に対応できるようにすることが肝要であることを一緒に確認することができたことからも、授業参観で取り上げたことは効果的であった。インターネットや携帯電話の利用によるトラブルに児童が巻き込まれた事例の多くは、保護者が契約した回線の利用によって起きているため、学校での指導だけでなく家庭での指導が重要となる。そこで、懇談会でも保護者同士の意見・情報交換を行うことで、どこか他人事のように考えていた携帯電話のトラブルも、自分たちのすぐ身近で起きる可能性があるという危機意識を高めることもできた。このような実践を単発的なものに止めず、継続的・計画的に進めていくことが今後の課題と考えている。